大田区の子どもの健康を放射能から守る会メーリングリストで情報を共有しましょう!
大田区の「本日の状況」をメーリングリストで毎日配信中です。 登録方法は…コチラ


 2013年5月25日開催の「教えて!情報サバイバル・災害時、あなたの運命を決める情報の選び方」情報を更新しました。
 食品中の放射性物質新基準値についてのまとめページを作成しました。

  • 「大田区・放射能の影響から子どもの健康を守る会」は名称を「大田区の子どもの健康を放射能から守る会」に変更いたしました。
  • 平成23年度大田区議会定例会で取り上げて頂きました。
  • 大田区の現状ページを作成し、区立小・中学校の雨どい付近から最高・毎時1.01マイクロシーベルトの空間放射線量が測定された件についてまとめました。
  • 大田区立小中学校の給食対応について更新しました。
  • 大田区の子どもの健康を放射能から守る会のホームページはこのページにリニューアル致しました。

大田区放射性物質測定室がオープンしました!

私たち「大田区の子供の健康を放射能から守る会」の放射性物質測定チーム「あんしんプロヴィジョン」が、大田区から業務委託を受けて、食品の放射性物質測定室を運営しています! 大田区民は無料で測定できますので、ぜひご活用ください! 詳しくは…大田区放射性物質測定室(ニックネームは小さなお子様でも親しみやすいように「ベクレンジャー」となっております!)

【過去のビッグイベント】

◆2012年1月15日「放射能情報とガイガーカウンターのホント」の内容はコチラ
 出演:野尻美保子/斉藤賢爾/津田大介
◆2012年2月25日「武田邦彦講演/事故から二年目に向けて」の内容はコチラ
 出演:武田邦彦/斉藤賢爾/牧野淳一郎
◆2013年5月25日「教えて!情報サバイバル・災害時、あなたの運命を決める情報の選び方」の内容はコチラ
 出演:斉藤賢爾/大田区防災課/NPO法人あんしんプロヴィジョン
武田邦彦、野尻美保子、牧野淳一郎、斉藤賢爾講演会
Ustreamアーカイブ

【名称が変わりました!】

「大田区・放射能の影響から子どもの健康を守る会」は、「大田区の子どもの健康を放射能から守る会」に名前が変わりました。

【はじめに】

今、自分が子どもを守るために何をしなくてはならないのか?

 成長期にある子ども達は、細胞分裂も盛んに行われ、大人に比べて放射能の影響が大きく出てしまうと言われています。

 大震災と福島第一原子力発電所の事故以来、私達の価値観は大きく変わりました。
原発事故以前は皆無に等しかった放射能について、毎晩遅くまで勉強をする毎日が続き、日を追うごとに、個人個人の力では放射能の影響から子どもを守ることが困難だと気が付いたのです。

 そこで「大田区の子どもの健康を放射能から守る会」(旧称:大田区・放射能の影響から子どもの健康を守る会)を発足し、署名活動、陳情書の提出を大田区に行いました。 経緯や結果については各コーナーに解説を掲載しておりますので是非ご覧ください。

 「大田区の子どもの健康を放射能から守る会」は、2011年8月31日に組織を変更し、会は「代表」を置かずに「運営委員会」がその代わりを務めております。

 旧ブログからは、こちらの新サイトに移行いたしましたが、会の内容自体に変更はありません。

 一日も早く、子ども達と安心して日常生活を送れるように、一緒に頑張りましょう。
子ども達の未来の為に…
会の活動に参加ご希望の方は、メーリングリストにご登録ください!

2011年9月1日
 大田区の子どもの健康を放射能から守る会運営委員会

大田区への放射能の影響を毎日配信!

 大田区の子どもの健康を放射能から守る会メーリングリストに登録すると、大田区での放射能の影響をほぼ毎日配信している「本日の状況」をご利用可能となります。 また、茨城県、神奈川県で空間線量が急激に上がった場合にも「アラートメール」を配信しています。 詳しくは…メーリングリスト登録方法をご覧ください。

【3つの目標】

 これまで「大田区の子どもの健康を放射能から守る会」(旧称:大田区・放射能の影響から子どもの健康を守る会)では陳情書を含めて、大田区に対して細かく要望させて頂きましたが、これからの会の目標は「実現可能」なことに絞りたいと…続きを読む

【活動内容】

放射能の影響から子ども達を守るための活動を
 お友だちにも、この会のことを教えて頂けたらと思います。
 主な活動内容は…続きを読む

【放射線対策情報-大田区】

 大田区での放射線/放射能汚染等に関する情報を一覧でまとめてありますのでご活用ください。
放射線対策情報-大田区

【その他】

 その他、様々な情報を発信しておりますので目次よりご覧ください。

携帯電話からも閲覧可能です。